七草参り

七草参りは、旧薩摩藩に伝わるお祭りです。数え年7才の男児・女児が家族とともにお参りし、これまでの無事の成長に感謝し、これからの健やかな成長を祈ります。

都城地方では「七とこ祝い」「ななとこさん」とも呼ばれ、1月7日に晴れ着で装った子どもが、家族に連れられて、近隣の家を7軒めぐり、「ななとこずし」と呼ばれる七草を炊き込んだ雑炊を戴く風習があります。