参拝の作法

IMGP1210a

お宮参りのときや、神前結婚式・地鎮祭などのお祭りに参列したときに、「どんな作法でお参りしたらいいんだろう?」と思うことはありませんか。そこで神さまに参拝する方法を紹介しましょう。

 

手水の作法

神社の鳥居をくぐったら、参拝する前に手水舎で、身を清めます。

  1. 柄杓を右手で取り、まず左手を濯ぎます。
  2. 柄杓を左手に持ち換えて、次に右手を濯ぎます。
  3. 柄杓を右手に持ち換えて、左掌に水を注ぎ、その水で口を濯ぎます。そしてもう一度左手を濯ぎます。

 

拝礼の作法

神前に進んだら姿勢を正し、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

  1. まず二回、深く頭を下げます(その深さは腰を九十度に曲げる程度が美しいといわれています)。
  2. 二拝したあと、胸の前で両手を合わせ、右手を少し下にずらして二回手を打ちます。二拍手のあと、両手の指先を揃えて、祈りをとめます。
  3. 最後にもう一回深く頭を下げます。

sahou

 

正式参拝

神社の御殿に上って参拝することを正式参拝(昇殿参拝) といいます。正式参拝では、神職のお祓いを受けたあと、玉串(榊(さかき)などの常緑樹の枝に紙垂(しで)や麻をつけたもの)を捧げて、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。お宮参りや七五三などの御祈祷のときも、玉串を捧げて二拝二拍手ー拝の作法でお参ります。

玉串料

正式参拝や御祈祷をする場合には神社にお包みを持っていきます。そのお包みには、「玉串料」や「初穂料」と表書きします。玉串料は神前にお供えする玉串にちなんだもので、初穂料とは、その年に収穫した稲(初穂)を神前にお供えしたことに由来しています。