厄除(やくよけ)

人生は山あり谷あり。古くから人々は、とくに気をつけなけらばならない年回りを「厄年(やくどし)」と呼んできました。

一般に男性は数え二十五歳、四十二歳、六十一歳。女性は数え十九歳、三十三歳、三十七歳が「厄年」にあたります。中でも男性の四十二歳、女性の三十三歳は特に災厄が起こりゃすい「大厄(たいやく)」とされます。

この年齢は現代でも人生の大きな転機を迎える年回り。神社でお祓いを受け、神々の御加護で無事に過ごせるよう祈りましょう。