宮詣

宮参り

子供は神さまからの授かりもの。赤ちゃんが誕生して七日目の「お七夜」に赤ちゃんの名付けをするのが一般的です。赤ちゃんの名前を神さまに奉告するために命名書を神棚の近くに貼っておくのも習わしです。

赤ちゃんが初めて氏神さまにお参りするのが初宮詣(お宮参り)。誕生後、三十日から百目前後に母方から贈られた晴れ着(祝着)をつけてお参りし、健やかな成長と幸せを祈ります。